レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは


レンタルサーバーとは


サーバーとは "提供者" という意味で、ネットワーク上で他のコンピュータからの要求に対して、ファイルや印刷などのさまざまなサービスを提供するコンピュータやプログラムのことをこう呼びます。

レンタルサーバーとは
HPを表示させるための場所を貸してくれる(レンタルできる)サービスです。
無料でレンタル出来るところから、自分だけの専用サーバー等で色々と種類があります。
月、0円~10000円以上までと様々です。

インターネットで繋がったパソコンに、コンピュータ言語を使いHPを表示させるためのハードディスクのスペースを提供するというサービスです。

個人でも運営することが可能なため”自宅サーバー”と言う名で運営している人は数多くいます。

自宅サーバーはパソコンをつけっぱなしの状態にしなければならないので、電気代が2000円/月位かかるためサーバーは借りたほうが手間もかからずや安くすみます。

レンタルサーバーの種類


レンタルサーバーには無料サーバー・共用サーバー・専用サーバー・仮想サーバーの4種類があります。

無料サーバー
無料で使うことが出来ますが、機能が少なく表示のスピードは期待が持てません。

共用サーバー
通常この共用サーバーを使います。
1台のサーバーにある程度の人数(数十人~数百人)を割り当てて使っているサーバーのこと。
HPの数が多くなればサーバーにあたえる負荷は大きいです。

1台のサーバーの収容人数が多くなればサーバー代金は安くできます。

仮想サーバー
サーバーは共有しますが、利用者ごとにOSが割り当てられています。

複数の機能を仮想化によって集約したサーバー上にある仮想マシン。

料金は共用サーバーと専用サーバーの中間位です。

専用サーバー
1台のサーバー専用で使うことができます。

共用サーバーと違い他の利用者に影響がなく、 サーバーのOS、サーバーの設定、インストールソフトなどを自由に変更できます。

料金はかなりの高額です。

まとめ


大抵は無料サーバーや共用サーバーを使います。

管理人が勧めるのは共用サーバーです。
今は月100円で借りることが出来るサーバーが多数ありますので、苦になることはほとんどないはずです。

無料系はどうしても機能が少ないので有利ではありません。




↑ PAGE TOP