レンタルサーバー格安比較

ご利用前にお読み下さい

■レンタルサーバーはインターネットの進歩とともに容量は大容量になり機能も充実し価格もこなれて低価格(格安)になってきています。

■人気のサイトは会員数も多く会員の期待に応える努力をして管理画面なども使いやすく工夫され初心者でも気軽に利用できます。

■当サイトは格安でありながら人気のサイトを紹介しています。

ご存知ですか?

■レンタルサーバーはどこでも同じと言うわけではありません。

機能的な環境が違うことはもちろんの事サポートが悪かったり、障害に対する対応が遅かったりと管理対応がよくないところもあります。
ひどいところだと退会したのに支払いが口座から引き落とされているという情報も口コミでは報告されています。
価格が高くてもサポートが悪かったりしているところもあり、格安レンタルサーバーでも管理が非常に良いところもあります。価格が高いからいいとは限りません。
よく調べてから加入しないと損失を背負う事になります。


■独自ドメインはレジストラ(独自ドメイン取得専門業者)で取得したほうが安く、便利です。
ドメイン取得ができるレンタルサーバーでもドメイン持込OKならばレジストラで取得することを考えたほうが有利なことが多いです。

格安レンタルサーバー人気サイト


さくらインターネット公式サイト
日本最大級で大御所です。
月額129円からお気軽にお使いいただけるプランから、法人用途に最適なプランまで豊富なラインナップ。安定感が有り信用度抜群
初期費用 1029円~
年額費用 1543円~
容量 10GB~
無料お試し 14日
サポート メール・電話
提供ドメイン 3個
マルチドメイン 20個~

ミニム公式サイト
このクラスで提供ドメインが5個は多いほうです。
初期費用 494円~
年額費用 792円~
容量 1GB~
無料お試し 14日
サポート メール
提供ドメイン 5個
マルチドメイン 30個


ラクサバ公式サイト
初期費用 1540円 1個
月額費用 310円~ マルチドメイン 無制限
容量 2GB~ マルチドメイン無制限 は使えます
無料お試し 10日
詳細 サポート メール


ロリポップ公式サイト
初期費用 1620円 提供ドメイン
1個
月額費用 108円~ マルチドメイン 20個~
容量 10GB~ ナウでヤングな方や女性の方に大人気
初心者に対応した特典が多く会員数も多いです。
無料お試し 10日
詳細 サポート メール


エクストリム公式サイト
初期費用 1080円 提供ドメイン 5個
月額費用 94円~ マルチドメイン 30個
容量 2GB~ 出来てまもないけれど、圧倒的な安さで他を寄せつけないです。
サーバー安定度も悪くない。
無料お試し 14日
詳細 サポート メール


コアサーバー公式サイト
初期費用 515円~ 提供ドメイン 10個
月額費用 411円~ マルチドメイン 50個~
容量 60GB~ 初心者には難しいといわれていますが、慣れれば自由度な高いサーバーです。しかも安い。
無料お試し 7日
詳細 サポート メール


PR
格安スマホ比較ランキング

更新情報・お知らせ

2017/11/14
IDのデフォルト設定値とEquifax情報漏洩の意味
サイトはセキュリティを強化して再開されているが、Apacheというサーバーレベルの脆弱性とはまた別の脆弱性を懸念する声(「Equifax reopens salary search site, security expert says it’s still vulnerable」)もある。 Equifaxの「ワークナンバー」というサービスでは、個人の収入を知ることができる。自分で、今の収入はいくらですと自己申告するのでは信頼できないが、Equifaxが第三者的にそれを裏書きしてくれるといったものだ。例えば、企業が中途採用の社員の...
wirelesswire.jp/2017/11/61995/
2017/11/10
【 whois 】コマンド――ドメイン情報を表示する
whoisコマンドとは?
「whois」コマンドは、インターネット上でのドメイン名やIPアドレスの所有者を検索し、ドメイン情報を表示するために用います。 CentOSやUbuntuには、デフォルトではwhoisコマンドがインストールされていません。「yum install whois」や「apt install whois」でインストール可能です。実行にはroot権限が...
www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1711/10/news013.html
2017/11/05
さくらインターネットは、企業などが独自のWebサイトやメールアドレスを持つ際に便利な「レンタルサーバー」の運営で有名。そこが執拗な攻撃に遭った。 2日の障害について、発表によると最初の発生は3時24分。サイバー犯罪者が外部から不正に大量の通信を要求するなどしてレンタルサーバーに過剰な負荷をかけるサービス妨害(DoS)攻撃により、一般の人が利用しづらくなる事態が起きた...
news.nicovideo.jp/watch/nw3049469
2017/10/30
HTTPの盲腸的な裏話と高速版HTTP/2の正体
HTTPは今日「インターネット」の代名詞のようになったプロトコルですが、もともとは1990年代に欧州の原子核物理研究所(CERN)で「必要に迫られて」「場当たり的」に開発されたものです。各国の研究者が集うCERNには各国・各組織にバラバラな機種・ソフトウエアが持ち込まれ、簡単な図入りドキュメントの共有すら困難でした。いちいち紙に印刷してコピーを配らなければならない...
techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/293600/102000012/?rt=nocnt
2017/10/24
もはやHTTPの時代ではない グーグルがここまで“SSL化”にこだわるわけ
少し前だと、HTTPSを使っているという証明の「錠マーク」がWebブラウザに出てくるのは、企業サイト、それも金融系サービスや会員制のログインが必須のサービスがほとんどでした。しかし、今では先進的なブログサービスやレンタルサーバが無料のSSLサーバ証明書を提供し始め、個人ブログですらも一気にSSL化/HTTPS化が進みました。Googleによると、日本におけるHTTPS化の比率は55%に上がったとのことで...
www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1710/24/news037.html
2017/10/18
Amazon、「サーバー・トゥ・サーバー入札」でも独走中
GoogleのライバルであるAmazonが、ヘッダー入札の進化系といわれるサーバーサイド入札でトップを走っている。 ...アドテクツールのほとんどは似たり寄ったりだが、Amazonのツールはほかにはないものがある。独自の購買データと行動データだ。
digiday.jp/platforms/uh-oh-google-amazon-dominating-server-server-bidding/
2017/10/11
XACKは2017/10/11から開催されている「ITpro EXPO 2017」で、1日に発売したDNSサーバーアプライアンス「XACK DNS TM200アプライアンス」を展示した。XACK DNSは同社が独自に開発したDNSサーバーソフトウエア。これまではソフトウエアとして販売してきたが、新たにアプライアンスとしても提供を始めた。 itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/101000415/101100038/
2017/09/25
レンタルサーバー「Zenlogic」、無料SSL証明書をワンタッチ設定可能に
ファーストサーバでは、常時SSL対応へのニーズが高まっていることを受け、2016/2から無料SSL証明書「Let's Encrypt」の取り扱いを開始している、8月には、シマンテックが展開する常時SSL推進プログラム「Encryption Everywhere」に参加し、Zenlogicにおいて、シマンテックのSSLサーバー証明書を無料または特別価格で提供。
cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1081991.html
2017/03/27
コンピューターの記憶媒体として、ハードディスクが台頭していた時代が終わろうとしている。スマートフォンはもちろんのこと、ノートの記憶媒体は既にハードディスクからメモリをベースにしたシステムに移行しつつある。それと同じことが、データセンターにあるサーバーでも起ころうとしているのだ。それが「フラッシュストレージ」である。

↑ PAGE TOP