レンタルサーバー格安比較

利用前にお読み下さい

■レンタルサーバーはインターネットの進歩とともに容量は大容量になり機能も充実し価格もこなれて低価格(格安)になってきています。

■人気のサイトは会員数も多く会員の期待に応える努力をして管理画面なども使いやすく工夫され初心者でも気軽に利用できます。

■当サイトは格安でありながら人気のサイトを紹介しています。

ご存知ですか?

■レンタルサーバーはどこでも同じと言うわけではありません。

機能的な環境が違うことはもちろんの事サポートが悪かったり、障害に対する対応が遅かったりと管理対応がよくないところもあります。
ひどいところだと退会したのに支払いが口座から引き落とされているという情報も口コミでは報告されています。
価格が高くてもサポートが悪かったりしているところもあり、格安レンタルサーバーでも管理が非常に良いところもあります。価格が高いからいいとは限りません。
よく調べてから加入しないと損失を背負う事になります。


■独自ドメインはレジストラ(独自ドメイン取得専門業者)で取得したほうが安く、便利です。
ドメイン取得ができるレンタルサーバーでもドメイン持込OKならばレジストラで取得することを考えたほうが有利なことが多いです。

格安レンタルサーバー人気サイト


さくらインターネット公式サイト
日本最大級で大御所です。
月額129円からお気軽にお使いいただけるプランから、法人用途に最適なプランまで豊富なラインナップ。安定感が有り信用度抜群
初期費用 1029円~
年額費用 1543円~
容量 10GB~
無料お試し 14日
サポート メール・電話
提供ドメイン 3個
マルチドメイン 20個~

ミニム公式サイト
このクラスで提供ドメインが5個は多いほうです。
初期費用 494円~
年額費用 792円~
容量 1GB~
無料お試し 14日
サポート メール
提供ドメイン 5個
マルチドメイン 30個


ラクサバ公式サイト
初期費用 1540円 1個
月額費用 310円~ マルチドメイン 無制限
容量 2GB~ マルチドメイン無制限 は使えます
無料お試し 10日
詳細 サポート メール


ロリポップ公式サイト
初期費用 1620円 提供ドメイン
1個
月額費用 108円~ マルチドメイン 20個~
容量 10GB~ ナウでヤングな方や女性の方に大人気
初心者に対応した特典が多く会員数も多いです。
無料お試し 10日
詳細 サポート メール


エクストリム公式サイト
初期費用 1080円 提供ドメイン 5個
月額費用 94円~ マルチドメイン 30個
容量 2GB~ 出来てまもないけれど、圧倒的な安さで他を寄せつけないです。
サーバー安定度も悪くない。
無料お試し 14日
詳細 サポート メール


コアサーバー公式サイト
初期費用 515円~ 提供ドメイン 10個
月額費用 411円~ マルチドメイン 50個~
容量 60GB~ 初心者には難しいといわれていますが、慣れれば自由度な高いサーバーです。しかも安い。
無料お試し 7日
詳細 サポート メール

リンク
 格安SIM比較おすすめ 格安スマホランキング
格安スマホ比較ランキング


更新情報・お知らせ


2018/02/08
モジュール型データセンターを建設、IIJ
インターネットイニシアティブ(IIJ)は、今後想定されるIoTの本格普及に伴う爆発的なデジタルデータの増大やクラウド需要に対応した中長期のサービス設備拡張に備えるために、新しいデータセンター「白井データセンターキャンパス」を建設することを発表した。
IIJはネットワーク、クラウド、セキュリティを中核とした幅広いサービスを提供しており、その運用で取り扱うデジタルデータやサーバ設備は増加の一途にある。また今後IoTが本格普及することで、ますます多くのファシリティ、サーバ設備が必要になることが予測される。
bp-affairs.com/news/2018/02/20180208-6616.html
2018/02/07
NEC、顔認証による解錠を実現、「NeoFace Access Control」
NECは、既存の入退場ゲートやドアに設置することで顔認証による解錠を実現する「NeoFace Access Control」の販売を本日開始した。
希望小売価格(税別)は120万円で、出荷開始日は本年2月14日だ。
同製品は、専用のハードウェアにNECの顔認証AIエンジン「NeoFace」や顔認証用カメラ、CPUボードなどを最適化し組み込んだパッケージ製品だ。
1台で約5,000人分のデータ登録が可能で、本体自体にデータベースを保持しているため、別途サーバを用意することなく1台のみでも運用が可能
iotnews.jp/archives/84874
2018/02/06
2018年後半リリースのOffice 2019が動作するのはWindows 10だけ!
今でもお仕事で頻繁に使うMicrosoft(マイクロソフト)のOffice(オフィス)製品ですが、公式発表により次期バージョンとなるOffice 2019はWindows 10でしか動作しないことが判明しました。Windows 7やWindows 8.1はサポート外となります。
2018年後半にリリースされるOffice 2019はWord、Excel、Power Point、Outlookなどおなじみのソフトウェアからなるパッケージで、ExchangeやSharePoint、Skype for Businessなどのサーバーアプリケーションも含まれます。
news.nicovideo.jp/watch/nw3272511
2018/02/05
PC不要で大量のハイレゾ楽曲を管理できる「オーディオサーバー」入門機―IO DATA
音楽をたくわえて聴くためのネットワークオーディオサーバーの入門機「Soundgenic HDL-RA2HF」をアイ・オー・データ機器が2月初旬より販売する。
ハイレゾ音源向けに設計した従来機「fidata HFAS1シリーズ」の特徴を引き継ぎいだ製品。メディアサーバー機能、USB-DAC対応、CDリッピング機能を搭載し、音楽の取り込みから再生・保護までがワンストップで可能。
internetcom.jp/204189/soundgenic-entry-model
2018/02/03
表示速度が“爆速”なサイト、相次いで登場 その背景は
ページの読み込み速度が“爆速”のサイトが相次いで登場している。2017年後半、日経電子版がリニューアルし「表示速度を従来比2倍に」と発表した他、米国のプログラマー向けコミュニティーサイト「dev.to」の表示速度が「速すぎて不安になるレベル」と話題を呼んだ。米Googleによれば「モバイルサイトでは読み込みに3秒以上かかると訪問者の53%が離脱する」といい、表示速度の改善が「長く滞在してもらう」一助になるようだ。
news.biglobe.ne.jp/it/0203/imn_180203_8535597047.html
2018/02/02
カスペルスキーは、個人向けのVPN(仮想プライベートネットワーク)製品「セキュアコネクション」のAndroid版とiOS版の提供を開始した。
「セキュアコネクション」は、手軽にVPNを利用できるようにする製品。街中にある無料Wi-Fiアクセスポイントなどからインターネットを利用する際、安全性が低いと判断した場合は、自動的に通信を暗号化する。Android版では安全性チェックのほか、ネット接続するアプリや、Webブラウジングでアクセス先のURL/カテゴリーごとで自動起動するよう設定できる。
k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1104517.html
2018/02/01
レンタルサーバーやクラウドサービスを提供するカゴヤ・ジャパンは、2018年3月3日にアクロス福岡で開催される「A8フェスティバル2018 in 福岡」に出展する。
本イベントは、アフィリエイターと広告主の交流や、アフィリエイト活動に役立つ商品を体験することを目的としたイベント。当日は、出展企業によるブース展示やアフィリエイター向けのセミナー、抽選で商品が当たる「クイズラリー」も実施される予定だ。
カゴヤ・ジャパンの展示ブースでは、同社のサービスであるレンタルサーバーの...
news.mynavi.jp/kikaku/20180201-578270
2018/01/30
日立、「サイバー攻撃対応BCPソリューション」を提供開始
日立システムズと日立ソリューションズは1月30日、サイバー攻撃に備え、企業の事業継続を支援する「サイバー攻撃対応BCPソリューション」の提供を開始した。
同ソリューションは、サイバー攻撃に特化したBCP策定から、BCPに沿ったセキュリティ対策の実施、監視運用、復旧までをトータルでサポートし、事業継続を支援するもの。
今回、新たに提供を開始する「サイバー攻撃対応BCP策定コンサルティング」は、情報セキュリティの国際的な規格「ISO27001」のリスクアセスメントに基づいており...
news.nicovideo.jp/watch/nw3253974
2018/01/29
IIJ、クラウド型SSOサービスでOffice 365との連携強化
インターネットイニシアティブ(IIJ)は1月29日、複数のサービスのIDを連携させ、シングルサインオン(SSO)を可能とするクラウドサービス「IIJ IDサービス」において、Office 365との連携や外部ID Provider(IdP)認証との連携機能等を強化し、同日より提供開始すると発表した。
ID Providerは、ユーザがシングルサインオン(SSO)を使用して他の Web サイトにアクセスできるようにする認証基盤。
news.mynavi.jp/article/20180129-577684
2018/01/28
「コインチェック」不正アクセスで580億円損失 市場混乱…仮想通貨取引の危うさ
1億円以上を稼ぎ出す“億り人”の続出でバブルに沸いていた仮想通貨でまたもや大トラブルが起きた。仮想通貨取引所の運営大手「コインチェック」は26日、取り扱っている仮想通貨の一種「NEM(ネム)」約580億円が不正アクセスで外部に送金されたと発表した。
同社によれば、26日午前3時前に不正アクセスがあり、5億2300万ネム(日本円換算で約580億円)が複数回に分けて、送金された。この事態を受け
www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/899104

↑ PAGE TOP